Own products

  • 新規事業のアイディア創造機

Material

2009
05/28

iモードブラウザ2.0で新しく導入されたmetaタグ一覧

この記事の読了時間:約158

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このたび発売されたdocomoの新機種に搭載され、大注目の中で致命的バグが見つかっている模様のiモードブラウザ2.0ですが、いろいろあったトコロで、今後のdocomo携帯のスタンダードとなるのは間違いなさそうな情勢です。

それに先立ちまして「iモードブラウザ2.0で新たに導入されたmetaタグ」を調べましたので、忘備録替わりに置いときますね。

iモードブラウザ2.0で新しく導入されたmetaタグ一覧

「描画サイズのモード」設定のmetaタグ

<meta name=”disparea” content=”qvga” />
└QVGA(旧来のdocomo基本サイズ)で表示する。
<meta name=”disparea” content=”vga” />
└VGA(480*640の新仕様サイズ)で表示する。

※本体側でも描画サイズの初期設定が出来るようです。

「ページのリフレッシュ」設定のmetaタグ

<meta http-equiv=”refresh” content=”0; URL=http://www.○○○.jp/” />
└metaのリフレッシュも効く様になります。

「スクリーンキャプチャ機能」禁止のmetaタグ

<meta name=”prohibition” content=”image” />

※キャプチャだけでなく、画面メモや通常の画像保存も同時に禁止されます。

「ページ内テキストのコピペ機能」禁止のmetaタグ

<meta name=”prohibition” content=”text” />

※前述のコピペ禁止の値と合わせて記述するコトが出来ます。
<meta name=”prohibition” content=”image,text” />

ちなみに、iモードブラウザ2.0新仕様の「Referer送信機能」により、URLにセッションIDを付加するようなセッション管理方法だと、情報漏えいの危険があります。

セッション持ったまま別サイトに行ったら、そこのサーバでリファラ参照されると、URLの一部としてセッションIDが見れちゃいますから。

携帯でセッション管理するようなサイトを運営する方は、結構早急に対処したほうが良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

お名前

ご連絡先メールアドレス※非公開

コメント

CAPTCHA


  • このブログのRSSを購読する
  • このブログをtwitterでつぶやく
  • このブログをFacebookで共有する
  • このブログをはてなブックマークで共有する

Contact

お名前※必須

ご連絡先メールアドレス

お問い合わせ内容※必須

CAPTCHA

captcha

Blog parts

Affiliate