Own products

  • 新規事業のアイディア創造機

Tutorial

2011
04/21

XserverにPEARをインストールする方法(2011年4月ver.)

この記事の読了時間:約546

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと苦戦したので、備忘録 + 情報共有をば。

当ブログは「Xserver」というレンタルサーバで運用してまして、比較的自由度も高く、速度や容量もイイ感じの愛用サーバなんですが、VPSのようにアレコレ自由にブッ込めるってゆータイプではありません。

で、今回はこの「Xserver」に、PHP拡張ライブラリの王道「PEAR」をインストールしようと企てたのですが、web上にある情報だけでは上手いコト導入出来なかったので、次回インストール時に同じ轍を踏まないよう作業ログをエントリーします。

うーし、これでPEAR使い放題っ☆

XserverにPEARをインストールする方法

ステップ1 pear本体のインストール

  1. http://pear.php.net/go-pear」にアクセスし、表示されたテキスト全文をコピーする。
  2. コピーした文章を「install.php」という名前で保存し、デスクトップに置いておく。
  3. FTPでサーバに入り、ホームディレクトリ(/public_html)の直下に、新規に”pear”という名前のディレクトリを作成する(「/public_html/pear」となる)。
  4. 作成した”pear”ディレクトリのパーミッションが”755”になっているか確認する。
  5. ”pear”ディレクトリの中に、デスクトップの「install.php」をアップロードする。
  6. 「http://ドメイン名/pear/install.php」にアクセスする。
  7. 画面中央くらいにある「NEXT>>」をクリックする。
  8. 11番目の記述部、「php.exe path, optimal」に”/usr/bin/php5”と入力して、画面最下部の「Install」をクリックする。
  9. 2つのバーのうち、上の方のバーが100%になったら、画面下部にある「PEAR Installation path」の値ををメモしておく。
  10. 画面はそのままにして、FTPで「http://ドメイン名/pear/」内に、新しく生成された「index.php」をダウンロードする。
  11. ダウンロードした「index.php」をエディタで開き、”$pear_dir”の値を「’/home/ユーザー名/ドメイン名/public_html/pear/PEAR’」に書き換える。
  12. 「index.php」を上書きアップロードする。
  13. ブラウザに戻り、画面最下部の「Start Web Frontend of the PEAR Installer >>」をクリックする。
  14. こんなような画面が表示されたら、とりあえずステップ1は問題なし!

ステップ2 pear本体のセキュリティー&アップデート

  1. http://www.chama.ne.jp/access/index.htmにアクセスし、サイト中段辺りにある「パスワード暗号化入力欄」に、自分が設定したいIDとパスワードを記述して「暗号の作成(送信)」をクリックする。
  2. 切り替わった画面に表示されるコピペ用文字列をコピーする。
  3. エディタを開き、先ほどコピーした文字列を貼り付け、「.htpasswd」という名前でデスクトップに保存する。
  4. 同じくエディタで、下記の文章をコピペして、「.htaccsess」という名前でデスクトップに保存する。

    AuthUserFile フルパス/.htpasswd
    AuthGroupFile /dev/null
    AuthName "Input ID and Pass."
    AuthType Basic
    require valid-user
    <Files ~ "^.(htpasswd|htaccess)$">
    deny from all
    </Files>

  5. FTPでサーバに入り、「index.php」があるディレクトリに「.htpasswd」と「.htaccess」をアップロードする。
  6. 「http://ドメイン名/pear/index.php」にアクセスし、IDとパスワードを入力する。
  7. 画面左部にあるメニューの「Channel Management」をクリックし「Update All Channels」をクリックする。
  8. 画面が切り替わったら、画面中央くらいに表示される「Click here to list all channels」をクリックする。

ステップ3 pear本体の挙動確認

  1. 画面右上の「Search package by name」と書かれた検索窓に”PEAR_INFO”と入力し「GO」をクリックする。
  2. 画面中央くらいにある、緑色の「+」をクリックする。
  3. ポップアップが表示されたら「OK」を押す。
  4. 「install ok」と表示されたら、画面左部にあるメニューの「Package Management」をクリックし、表示された一覧に「PEAR_Info」があるか確認する。

ステップ4 pearライブラリの挙動確認

  1. エディタを開き、下記の文章をコピペして、「.htaccess」という名前でデスクトップに保存する。

    SetEnv PHP_PEAR_SYSCONF_DIR "/home/ユーザー名/ドメイン名/public_html/pear"

  2. 同じくエディタに下記の文章をコピペして、「info.php」という名前でデスクトップに保存する。

    <?php
    ini_set("include_path", "/home/ユーザー名/ドメイン名/public_html/pear/PEAR");
    require_once "PEAR/Info.php";
    $info = new PEAR_Info();
    $info->show();
    ?>

  3. FTPでホームディレクトリ(/public_html)の直下に、新規に”test”というディレクトリを作成し、その中に先ほど作った「.htaccess」と「info.php」をアップロードする。
  4. ブラウザで「http://ドメイン名/test/info.php」にアクセスしてみて、こんなような画面が表示されたら、もうカンペキ!
  5. セキュリティーのため、testディレクトリごと削除する。
  6. enjoy PEAR life!
今回PEARを導入しようとしたのも、PHP標準ではzip圧縮/解凍ができなかったからなんですが、「どこまでも関数完備」が持ち味のPHPとしては、ちょっと頑張って欲しいトコですねー。

PHPerはラクしたいのだっ!(多大に個人的主観w)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

11 Responses to [XserverにPEARをインストールする方法(2011年4月ver.)]

初心者 より:

2011/04/27 9:10 PM

いきなりすみません。
私もXSERVERを使用してまして、
今回PEARをインストールしようと思い
参考にさせていただいております。

ステップ2-7で
IDとパスワードを入れる場所が見つからず
困っているのですが、
どこだかわかれば教えていただければと思い
コメントいたしました。

ずうずうしいお願いですが
ご教授ねがえればと思います。

smkn より:

2011/04/27 10:27 PM

>初心者 様
いえいえ、コメントありがとーございますです☆

早速ですが、ページ上にIDやPASSを入れる項目が出るわけではなく、ステップ2-6でアップロードした.taccessと.htpasswdによる「ベーシック認証」のポップアップ画面で、IDやPASSを入力します。

ですが、当記事で掲載してる手順だと、直前にindex.phpにアクセスしちゃってるので、もしかするとすぐにはポップアップ画面が出ないかもしれません(実は自分もそうでした)。

なので、ここはひとまず置いといて、先に進んじゃってくださいまし☆数時間後に改めてアクセスすると、ポップアップが表示されるかと思いますので。

初心者 より:

2011/04/28 6:41 PM

ありがとうございました。

うまくいきました。

とりあえずXSERVERの方でBASIC認証かけておきました。

本当に助かりました。

ありがとうございます。

初心者 より:

2011/04/28 6:58 PM

あっ!

一つ聞きわすれました。

これでPEARのどのライブラリが使えるかは、

どこを参照すればわかるのでしょうか?

何分はじめてなものでしょうもない質問ばかりで

すみません。

smkn より:

2011/04/28 7:38 PM

>初心者 様
index.phpトップページで表示されてるのが、現在インストールされてるパッケージ一覧になります。

新たにインストールしたい場合は、ステップ3にあるように、パッケージ名を検索してインストールでイケるかと思いますよ!

初心者 より:

2011/04/30 7:08 AM

度々すみません。
インストールはうまくいったはずなのですが、
MDB2がうごきません。
何か情報があれば教えてほしく思います。

最初スクリプトを動かしてみたら
MDB2 Error: not found

が出たので

MDB2_Driver_mysqli をインストールしようとしたら
PHP5.3以上と要求されたので5.1から5.3に切り替え
インストールしました。

not found はきえましたが

$res=$mdb->query($sql);のところで
HTTP 500 の内部サーバーエラーがでてしまいます。

エックスサーバー環境下でのpearの情報が少なく
何度も質問してしまってすみません。

もし同じような現象がありましたら教えてください。

smkn より:

2011/04/30 1:15 PM

>初心者 様
PEARの個別パッケージに関しては、自分もすべて把握しているわけでは無いのでアレですが、500エラーってコトはディレクトリ/ファイルのパーミッションとか、プログラム自体に問題があるとか、ですかねー。

お役に立てずスミマセンです。

sct より:

2011/05/27 7:22 AM

失礼いたします。非常にわかりやすく丁寧な記事にたいへん感謝しております。

記事に従いすべて完了しました。

ひとつお聞きしたいのですが
Mail_mimeパッケージを使用したいので、MailパッケージとMail_mimeパッケージをインストールし、phpファイル内に

ini_set(“include_path”, “/home/ユーザー名/ドメイン名/public_html/pear/PEAR”);
require_once “Mail.php”;
require_once “Mail/mime.php”;

と、かいたのですが動いていないようです。他に必要な設定はありますでしょうか?
たいへん恐縮ですがご指導いただければ幸いです。宜しくお願いします。

smkn より:

2011/05/29 3:04 AM

>sct 様
こちらこそお読みくださってありがとーございますっ!
早速ですが、当記事の通りに作業を進めていただいたとして、ステップ4-4.の画面が表示されてたのならば、PEAR自体のインストールに問題はないかと思います。

なので、問題としてはソレ以降のパッケージインストールだと思うんですが、いかんせんMailパッケージなどはよー分からんので、もしかしたらパッケージ自体の問題かもしれませんし、もしくはお書きになったプログラムのどっかで問題があるか(自分は良くスペルミスやらかします)、とかが考えられます。

実験的に、ご記入いただいた3行のすぐ後にecho分を書いてみて、表示されればそこまではOK、みたいな感じでデバッグしてくのが一番近道かもです。

あまりお役に立てなくてスミマセンです。。。

sct より:

2011/05/29 8:15 AM

原因がわかりました!パッケージがもう1つ必要という単純なミスでした。。。たいへんお騒がせしました。

どちらにしてもこちらのページあってのことですから貴重な情報にたいへん感謝しております!
これでXserverにpearパッケージが心おきなく使用できます!
本当にありがとうございました!

初心者 より:

2011/08/01 8:37 PM

最後の最後で PEAR configuration files “/.pearrc”, “/etc/php5/pear.conf” does not exist がでます・・・、インストールしてないらしいんですが、探しても見つかりません;;

コメントを投稿する

お名前

ご連絡先メールアドレス※非公開

コメント

CAPTCHA


  • このブログのRSSを購読する
  • このブログをtwitterでつぶやく
  • このブログをFacebookで共有する
  • このブログをはてなブックマークで共有する

Contact

お名前※必須

ご連絡先メールアドレス

お問い合わせ内容※必須

CAPTCHA

captcha

Blog parts

Affiliate